助成金とは、国などが政策遂行のために支給している、返済不要のお金です。

つまり、受給する会社にとっては「純利益」に相当するのです。

 

しかも、ほとんどのケースでは受給したお金の使い道は自由です。

助成金を受給できれば、業務改善へ投資し、更に収益を拡大することもできるのです。

 

以下は条件にマッチすれば受給できる助成金の一例で、あなたの会社も受け取れる可能性のあるものです。見てお分かりの通り、もらえる金額は50万円前後の大きな金額となります。

 

  内容 助成金額
 キャリアアップ助成金

有期雇用の従業員を正規雇用転換し、転換後6ヶ月の給与を

支給した場合

57万円/1名

セルフ・キャリアドック制度の導入

一定の要件を満たすセルフ・キャリアドック制度を導入し

適用した場合

47.5万円
技能検定合格報奨金制度

技能検定に合格した従業員に報奨金を支給する制度を導入し、

適用した場合

47.5万円
教育訓練休暇等制度

教育訓練休暇制度又は教育訓練短時間勤務制度を導入し、

適用した場合

47.5万円
社内検定制度 社内検定制度を導入し、実施した場合 47.5万円

 

・そもそもどんな助成金が受給可能なのか分からない

・申請したいけれど申請方法が分からない

・申請するに当たってどんな書類が必要なのか分からない

 

助成金を受給するメリットは理解していても、ほとんどの会社はイザ申請しようとしても1歩も前に進める事ができません。

 

なぜなら、「そもそも自分の会社は助成金を受け取れるのかどうかが分からない」からです。

 

多くの会社はスタート時点でつまずき、助成金を申請することを諦めてしまうのです。

 

御社も返済不要の純利益となる『助成金』を受給できる可能性があります!

御社はいくら受給できるのか?

完全無料で事前診断をさせていただきます。

  

今回、あなたの許可を頂いた上で、『返済不要の資金調達』のお手伝いをさせていただきたいと思っております。ここに書かれている内容があなたにとって非常に価値があることを証明させてください。

 

ここでいう資金調達とは、そう、「助成金」です。

 

助成金は返済不要で、あなたの会社の純利益として、大きなインパクトのあるお金です。

 

想定外の「純利益」として50万円が、御社の口座に入金したところを想像してみてください。あるいは、その金額が100万円、200万円だったらどうでしょうか?しかもそれを手に入れるために、あなたは何の営業努力も、経営判断も必要ないのです。なぜか?

 

それがまさに私どもの仕事だからです。

 

これまで私どもでは中小企業のための手元キャッシュの最大化のお手伝いをしてきました。今度はあなたの会社のお手伝いをさせていただきたいと思っています。 

 

そもそも助成金の原資は法人が負担している雇用保険料です。

本来は要件さえ満たせば、どこの企業でも助成金を受給する権利があります。

 

ところが、その事実があまり知られていなこと、申請方法が分からない、という理由で、受給していない企業が多いのです。

権利があるのに、受給していない企業は、助成金の原資である雇用保険料を拠出しているだけ、という構図になっています。

 

しかし、あなたの会社が申請しなくても、あなたのライバル企業は生産性を拡大し、優秀な人材確保のために、受給した助成金を有効活用していることでしょう。

 

繰り返しになりますが、助成金は、あなたが支払った雇用保険料を原資としています。ライバル企業が助成金を受給し、会社を成長させている。あなたが受給を諦めた段階で、まさに「敵に塩を送る」状態となっているのです。

 

もう他社のために助成金の原資を拠出することはやめにして、「こんどはあなたの会社が助成金を受給する側に立ち、想定外の純利益を受け取りませんか?」というのが私どもからのご提案です。 

 

 

まずは完全無料で「自分の会社はいくらの助成金が受け取れるのか?」を事前診断させてください。もしあなたが会社の社長であれば、今すぐ無料診断をお申込みください!

 

あなたには何のデメリットもリスクもありません。

あるのは自社の「利益アップ」に直結する経済的メリットだけです。

しかもその経済的メリットを享受するために行う事は『無料診断シート』へ回答頂くだけです。

 

お申込みいただければ、「自社の場合にはいくらの助成金が受給できるのか?」をご報告させて頂きます。その結果をもとに、私どもの『助成金獲得コンサルティング』を導入するかをご検討ください。 

 

『助成金獲得コンサルティング』では初期費用は一切かかりません。報酬に関しても完全成功報酬ですから、実際の助成金受給額の一部からのお支払いになります。それ以外の費用(資料作成費、調査費、交通費など)は一切不要です。

  

もちろん、面倒な書類作成、申請手続きや役所の対応は全て私どもが行います。あなたは申請に必要な書類(タイムカードや賃金台帳等)を準備してくださればOKです。

 

 

上記スケジュールまでは完全無料です。

診断料金はもちろん、交通費や報告書作成費用など、一切のお金はいただきません。

 

上記フローの後は、役所による確認・審査⇒助成金受給の可否通知⇒助成金受け取りという流れになります。

 

 

「助成金獲得コンサルティング契約」締結は、私どもと提携している社会保険労務士が担当します。

 

助成金申請のスペシャリストが、御社にとって最大受給額となる助成金を選定し、申請から受給までを完全サポートするのでどうか安心してお任せ下さい。 

いかがでしょうか?

デメリットもリスクも無く、あるのは受け取る権利があるかもしれない「純利益」だけです。

 

助成金は国の予算のため、原則早い者勝ちです。

あなたも返済不要の資金調達をして、その資金を有効にご活用ください。

 

あなたからの『助成金無料診断』のお申込みを、こころよりお待ちしております。 

 

助成金はいくら受給できるのでしょう?

 

具体的な受給金額については個別企業の状況によって異なってきます。

従ってまずは助成金無料診断へお申込みください。

 

助成金は必ずもらえますか?

受給要件を満たしている事が大前提ですが、逆に受給要件を満たしていれば、所定の手続きを行うことで必ずもらえるのが助成金です。さらに、実際の助成金申請の手続きを担当するのは「助成金申請スペシャリスト」であり、当社パートナー社

労士です。その意味では、受給要件を満たす企業にとっては、経営努力を一切必要としない、もっとも簡単な利益アップの方法だと言えるでしょう。

 

助成金は本当に返済不要なのですか?

はい、1度受け取った助成金は返済する必要はありません。また、使い道が制限されることもありません(一部の助成金には使い道の報告義務があります)

 

何度でも申請できるのですか?

助成金の種類により、1度しか申請できないものと、何度も申請できるものがあります。

 

診断は本当に無料ですか?

はい、御社が助成金の受給要件を満たしているかどうか、完全無料で診断いたします。しかも、万が一、助成金を受給できなかった場合でも「資金調達(助成金申請)は完全成果報酬ですから、お客様にとってのデメリットはありません。

 

診断を依頼したらしつこく営業されるのでは?

無料診断の結果、助成金を受給できる可能性があるのであれば、申請した方が良いと思いますが、申請をどこへ依頼するかは御社の自由です。当社よりしつこい営業を受けることもありません。

 

当社は会社経営者専門のファイナンシャルプランナーとして、

 

・創業融資支援

・住宅ローン審査対策

・社会保険料削減サポート

・所得税+住民税の節税

・手取りキャッシュの増加対策

・助成金受給診断

・賃料削減対策

・火災保険申請サポート

 

のコンサルティングを行っています。

 

社長の資金計画はサラリーマンとは大きく異なります。

当社は400名を超えるオーナー社長の資金計画アドバイスを行っているのみならず、税理士に対してもそのノウハウを提供しています。

 

「お金が残らない」というオーナー社長のお悩みや将来に対する不安は、是非私たちへご相談ください。

きっと良い“みらい”を創造するアドバイスができるものと思います。

【メディア掲載実績】


 日本FP協会より、中小企業オーナー向けのアドバイスの専門家として取材されました      税理士事務所より依頼を受け、中小企業経  

                                                            営者向 けの書籍に寄稿しました

・お問い合わせいただくと当社顧客管理データベースに登録され、当社個人情報利用方針に則り管理いたします。

・お問い合わせいただいた企業様には当社サービスのご案内をさせていただく場合があります。

・本診断サービスは利益の保証、損失の補償を行うものではありません。

 

追伸:

事前診断は『無料診断シート』で承ります。

助成金は国の予算が無くなり次第終了です。検討は診断結果を見てからゆっくりご検討ください。